ポール・ハリス語録

ポール・ハリス語録31~35

『過ぎにし時に敬意を表して:ポール・ハリス語録』より

ロータリーの創始者
ポール・パーシー・ハリス
1868年4月19日~1947年1月27日

Founder of Rotary
Paul Percy Harris
19th April 1868 - 27th January 1947

ポール・ハリス語録31

戦争はいつも途方もない大きな間違いです。勝者といえども損害をこうむります。

ロータリーへの私の道

War is always a ghastly blunder; even the winners lose.

My Road to Rotary

ポール・ハリス語録32

国の進歩を測る物差しは、個人の成長を測る物差しと同じように、他の人の経験から学ぼうとする心がけにあります。

スコットランド・エジンバラで開かれた
1921年RI国際大会でのメッセージ

The measure of a nation’s progress as well as the measure of an individual’s progress must ever be its readiness to learn from the experience of others.

Message to 1921 RI Convention, Edinburgh, Scotland

ポール・ハリス語録33

事業を通じて、大抵の人は、社会に効果的な奉仕を行い、世界において自己の役割を果たす最上の機会に恵まれています。

The Rotarian, 1913年2月号

Business affords most men their one best chance of rendering efficient service to society and of doing their part in the world’s work.

The Rotarian, February 1913

ポール・ハリス語録34

ロータリーは、利害が相反する場合に、これをどう和解させるかについて、特別な研究を行い、対立する双方を親睦の雰囲気の中にいざなうという簡単な方法で、驚くべき成果を生み出してきました。敵意の炎が燃えたり、くすぶったりしているところにこそ、ロータリーの出番があります。

ロータリーへの私の道

Rotary has given special study to reconciliation of conflicting interests and has accomplished wonders through the simple expedient of bringing opponents and rivals together in the atmosphere of good fellowship. Where fires of animosity burn or smolder is Rotary’s opportunity.

My Road to Rotary

ポール・ハリス語録35

ロータリアン精神は、過去でなく、未来において壮大なものとなるのです。これは、ロータリーの夕べの祈りでなく、夜明けの祈りです。ロータリアン精神の芽生え以来、現在ほど、洞察力のある、良心に根差す思想を待ち望む声が高いときはありません。人は、その声に立ち上がり、来る時代の指導者は、ロータリーの倫理と哲学に深く関心を抱く人々から得られるでしょう。

The Rotarian, 1912年9月号

The grandeur of Rotarianism is in its future, not in its past. This is the matin not the vespers of Rotary. The call for penetrating, conscience responsive though has never been more insistent since the birth of Rotarianism than at the present day. Men will arise to will be drawn from the ranks of those who are most deeply concenedt in the ethics and the philosophy of Rotary.

The Rotarian, September. 1912

HOME インフォメーション ガバナー 地区紹介 クラブ紹介 ロータリーランニング 知っ得ロータリー 広報ツール

©2019-20 RID2750 公共イメージ委員会・IT推進委員会