地区重点目標/組織図/
地区概要

IRI テーマ、ロータリーのビジョン声明、RI 会長強調事項の推進
ロータリーのビジョン声明

私たちロータリアンは、世界で、地域社会で、そして自分自身の中で、持続可能な良い変化を生むために、人びとが手を取り合って行動する世界を目指しています。

RI 会長強調事項
  • 1.ポリオ撲滅の達成
  • 2.クラブサポートの強化及びクラブ基盤の強化
  • 3.人道的奉仕の充実 公共イメージと認知度の向上
  • 4.インターアクト、ローターアクトの育成と支援
地区運営方針 ~ 5,000 人の仲間をつなぐロータリー~

・地区運営計画に基づき、計画性、一貫性のあるクラブ支援を実施する

・地区委員会の連携を強め情報を共有しクラブ支援に邁進する

地区推進事項
  • ① ポリオ撲滅の達成
  • ② クラブの基盤強化
    • ・クラブの基盤強化、会員増強プログラム研修の実施
    • ・個人的/ 職業的な繋がりを築くための新たな機会を提供する
    • ・ロータリーへの新しい経路を作り出す
    • ・新会員のための研修を実施する
  • ③ 会員、ロータリークラブ、地区、RI の繋がりの強化
    • ・アプリケーションの更なる普及推進
    • ・地区ホームページの更なる活用推進
    • ・MY ROTARY の活用支援
    • ・年度始めに地区情報誌<ハンドブック>を発刊する
  • ④ 地区補助金、グローバル補助金を活用したプロジェクトの情報提供と実行支援
  • ⑤ <あなたのためのロータリー>(仮称)の実施
  • ⑥ 2020 東京オリンピック・パラリンピックの支援
会員基盤向上に向けて積極的情報共有
  • ① クラブ戦略計画に基づく会員増強目標の達成(地区全体として10%の増強)
  • ② 女性会員、若い世代会員(特に40歳未満)の増強
  • ③ 退会防止策の情報共有と実施計画の普及活動
ロータリー財団への支援
年次基金への寄付 1人:$150
ポリオプラスへの寄付 1人:$30
ベネファクター 会員99名までのクラブ:1名  
会員100名以上のクラブ:2名
メジャードナー 12名以上(レベル1 ~レベル4)
ポール・ハリス・ソサエティ 新規加入者:30名
公益財団法人ロータリー米山記念奨学会への支援

特別寄付、普通寄付合わせて1億円目標

組織図

2018-19 年度 国際ロータリー第2750 地区 組織図

地区概要

年次基金への寄付 1人:$150
ポリオプラスへの寄付 1人:$30
ベネファクター 会員99名までのクラブ:1名  
会員100名以上のクラブ:2名
メジャードナー 12名以上(レベル1 ~レベル4)
ポール・ハリス・ソサエティ 新規加入者:30名

2019年06月 現在

クラブ数 99クラブ (国内 90クラブ、海外 9クラブ)
会員数 4,866名 (国内 4,602名、海外 264名)
9つのグループ

特  色
国際ロータリー第2750地区は、99クラブ(2018年7月末)という大規模な地区であることと共に、様々な特徴によって知られております。
日本の中心である「東京」のロータリークラブとアメリカ(グアム・サイパン)、ミクロネシア連邦、パラオ共和国のロータリークラブが所属しています。地区大会では、その会員が一堂に会し、国際色豊かな大会となります。10年に1度は、グアムでも地区大会が開催されます。
活発で特色あるロータリークラブが存在しています。

日本の発祥クラブである東京ロータリークラブ(RC)から拡大された「東京南RC」を始め、ロータリー発祥のシカゴRCと姉妹クラブである「東京西RC」、マニラRCから拡大された「グアムRC」、その他にも「東京銀座RC」「東京日本橋RC」「東京羽田RC」「東京八王子RC」と伝統あるクラブが多数あります。 また、300名の会員数を目指し、会員増強を推し進める「東京中央RC」、日本語と英語で例会を行う「東京広尾RC」、元米山奨学生(※1)を中心に構成された「東京米山友愛RC」、インターネットを活用した「東京米山E RC」「東京ピースウィングE RC」など、さまざまな特徴あるクラブが活発に奉仕活動を実践しております。

※1:日本国内のロータリーが共同で運営する奨学財団。日本で学ぶ外国人留学生に奨学金を支給しています。

女性会員が多く活躍しています。
日本国内のロータリークラブの中では、女性会員が多く、比率は10%(2017年6月末 507名)に達し、大変熱心に活躍しています。例として「東京恵比寿RC」は、会員数約115名のクラブでありながら、会員のほぼ半数が各業界で活躍している女性で構成されています。

国際ロータリー第2750地区は、言語と文化の異なる、様々な地域のクラブが一つになって、国際的に、そして地域のために、さらに活発なロータリー活動を目指して発展を続けていきたいと思っております。

HOME インフォメーション ガバナー 地区紹介 クラブ紹介 ロータリーランニング 知っ得ロータリー 広報ツール

©2019-20 RID2750 公共イメージ委員会・IT推進委員会